風俗店での遊び方と注意点

風俗店で遊ぶ人が気をつけなければならないことがあります。なぜならば、風俗店の多くは裏社会の方が関わっていることが多いからです。

もちろん、普通の一般人が経営している風俗店も多いですが、昔から慣習として風俗店には裏の人間が場所代やらみかじめ料などを請求して成り立っている形も存在します。

風俗のウィキペディア

そういった点を踏まえると、気軽に風俗に行くのはいいですが、無茶をすると酷い目に合う場合もあるのですよね。たとえば女の子が嫌がることをしたり、無理やり本番を強要したり、あとはカメラやビデオで隠し撮りなどをしてしまったことがバレると、警察に突き出されるのならいいのですが、法外な罰金を請求されたりします。

普通の遊べば風俗は怖くない


とはいえ、ルールを守って遊べば全く怖くないのも風俗店です。ですから、このサイトでは「初心者のかたが風俗店で遊ぶときの注意点など」を紹介していきます。

また、デリヘル、ソープ、ヘルス、回春エステ、アロママッサージなどの風俗業態の種類やサービス内容の違いなども紹介します。

女の子の給料は?


デリヘルの女の子の給料は基本的には「折半」が多いですね。折半とはつまり、16000円の値段での仕事だった場合は、お店側が8000円で、女の子の手取りが8000円という形です。ただし、これはお店にもよりますし、あとは人気の女の子のだったりすれば給料がアップします。

逆に、8000円の給料なのですが、税金などの経費として1日いくらかの引かれる金額がある場合も多いので、このあたりは風俗店の募集に応募する際に確認するべき項目ですね。

ソープのボーイの仕事と給料


ソープランドで働くボーイさんとかの給料は基本的には時給です。800円だったり10000円だったりとまちまちですが、社員となって働けば、それなりのお給料になることが多いです。ただし、女の子の世話が思ったよりも大変。

やっぱりわがままな子が多かったり、色恋沙汰になったりしてしまうこともあるみたいなんですよね。そうなると体罰や罰金がかなりの額になるので、自分で自分を制御できない人間は働くのは控えたほうが良いと思います。私も以前、風俗店で働いていましたが、店の女の子に手を出した男は結構制裁を加えられていましたからね(汗)


時間内で昇天(射精)する為に


デリヘルにかぎらず風俗は時間が決められています。時間内に射精が出来ないと男なら延長を頼んでしまうでしょう。目の前の快楽には勝てません。そんな事態にならない為に、射精までの時間を計算してプレイにおよびたいものです。私が住んでいるところは九州の大分県なのですが、大分風俗はデリヘルが100店舗以上ありますし、別府エリアにはソープランドやヘルスランドも存在している、意外と知られていない風俗が有名な地域で、北九州の友達とかもわざわざ車で別府インターで降りて遊びに来たりします。温泉だけじゃないですよ(笑)

最初にその日は1度だけの昇天で良いのか、それとも2度いきたいのか目標を設定するのも良いかもしれません。溜まっていて、折角デリヘルを頼むのに1回の射精だけじゃ、もったいない気がしますよね。ここで気を付けたいのが、2回昇天したい為に1回目を早めに抜いて貰ったが、2回目の射精が時間内に収まらなかった為、延長する可能性があるという事です。そうなってしまっては元も子もないです。1回目より2回目の方が射精までかかる時間が長くなると思うので、それまでの時間も計算してプレイしましょう。デリ嬢が到着する前にある程度自分でオナニーしておくのも方法かもしれません。

また1回だけの射精で良いという方は終わってからの時間をなるべく少なく取る為に時間いっぱいまでデリ嬢のサービスを利用したいものですね。男は射精後、急激に覚めてしまうので、射精したら、デリ嬢は直ぐ帰るくらいの時間配分でも良いぐらいです。

その日の気分に合わせて有効に時間を使いましょう。